ニキビを治したい人。ニキビができて治したいけど具体的な予防法がわからなくて困っているので、だれにでもわかりやすいように親切に教えて欲しい。また洗顔する際の注意点やポイントなども合わせて教えて欲しいなぁ。
こういった疑問に答えています。
本記事の内容
・ニキビの予防法は4つです
・洗顔時の注意点やポイント

 

ニキビの対処法と簡単に言っても複数あるのですが、どんな対処法があるか分かりますか?

今回は、予防方法について分からない方の為に詳しく説明したいと思います。

〇ニキビの対処法は、4つに分けられます。

・洗顔をする事

・保湿をする事

・パックをする事

・皮膚科に受診する事

です。

一つ一つ説明したいと思いますので、ニキビに関して悩んでいる方は、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

洗顔の予防方法と注意点

まずは1つ目の洗顔についてです。
洗顔をみなさんはどのタイミングでされていますか?
もしかしたら洗顔をしていない方もいるかもしれません。
女性の方はメイクをされる方が多いので特に洗顔には注意しなければいけません。

・予防方法

洗顔する際には熱いお湯や冷たい水でするのではなくぬるま湯程度で、洗顔料はネットで泡を立てて皮膚へのダメージをできるだけ少なくします。
洗う目安としては顔をなでるように1分~2程度洗います。
それから泡を落としていきます。
洗顔後は化粧水と乳液をつけるとより効果的です。

・注意点

洗顔はしたほうが良いですがやりすぎは禁物です。やりすぎてしまうと皮膚が薄くなってしまう恐れもあります。
よく「クリームをいっぱい塗ったほうが効果」と言っている方がいますがこれも間違えです!塗れば塗っただけ効果があるかと思えばかえって逆効果になってしまいます。
本気でなくしたいのであれば今すぐやめるべきです。

保湿の予防方法と注意点

2つ目は、保湿についてです。

「保湿ってニキビを治すのに関係あるの?」って思っている方いませんか?

保湿は乾燥しているときに潤いを与えるためにするものでニキビには効果がないと感じている方がいますが、ニキビと保湿は深く関係しています。

・予防方法

保湿は、基本的に一時的なケアで済む訳ではなく、ケアが年中必要になってきます。

具体的にお話しすると

・春「紫外線のケアが必要」です。

・夏「シミ対策や美白ケアに夢中になりすぎてしまうためインナードライにならないようなケアが必要」です。

・秋「新陳代謝を上げつつ、夏に受けたダメージを回復させるケが必要」です。

・冬「乾燥しやすいため、保湿ケアが必要

です。

・注意点

保湿ケアの注意点は、まず保湿化粧品の役割がどのようなものなのか知る事です。

保湿ケアには「湿潤」「柔軟」「蒸散抑制」の役割があります。

その他にも、保湿が何故必要なのかを知る事です。

敏感肌の方にとってバリア機能を低下させず、きれいな肌を保つためには、保湿が必要です。

正しい保湿ケア用品を選ぶ事も大切です。

パックの予防方法と注意点

3つ目はパックについてです。

ニキビケアをするのにパック良いと思いがちですが、パックだったら何でも良いという訳ではなさそうです。

パックと簡単に言っても様々な種類のパックがあります。

・予防方法

動植物由来のパック以外のものを使用し、決められた時間以上パックをしないようにする事をおすすめします。

シートタイプ以外のものを使ったほうが、肌のバリア機能が低下を抑えられます。

・注意点

動植物由来の油成分は、アクネ菌を増やす傾向にあるため、その成分が入っていないものを選びましょう。

パックごとに決められている時間以上にパックをすると、肌が乾燥してしまうため控える必要があります。

シートタイプを使用すると肌のバリア機能が低下してしまうため、避けましょう。

どうしても治らないなら皮膚科へ

最後は、皮膚科に受診しにいくことです。

どうしてもニキビが治らない場合は、専門の先生に診てもらう事をおすすめします。

薬などを処方してくれる場合が多いです。

まとめ

わざわざ病院に行ってまで診てもらうほどでもないなと思っている方もいるかと思います。

自分で解決したい方や病院にいくのが面倒な方は市販や通販で販売されているニキビケア商品を購入するのもありかと思います。

ニキビがひどくなる前にしっかりとニキビ予防しておきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事