思春期ニキビはどのくらいの期間できているものなのかを知りたい方。「思春期ニキビの期間はいつまでなのかしりたいなぁ。気づいたらできていていっこうに治らないので、わかりやすくどのくらいの期間思春期ニキビができているのか解説して欲しい。自宅で治せるのかもあわせて解説していきます。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・思春期ニキビの期間
・思春期の間にできているニキビという意味ではない
・自宅でニキビを治せるのか
それでは「思春期ニキビはどれくらいの期間なのか」を丁寧に解説します。

思春期ニキビができて人前にでるのが恥ずかしくなったという方もいると思いますが、思春期ニキビはいつからできるものなのか?

早い方だと中学生くらいから体の成長とともにニキビができてくるかたもいます。

 

思春期ニキビは一般的に思春期を過ぎて20歳を過ぎると思春期ニキビの発症率は低下し落ち着いてきます。

 

そもそも思春期ニキビができるわけ

思春期には皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせしまうため外にでず、皮脂の分解物の刺激で角化が促進され角質が厚くなってしまうため中に溜まり続きてしまいます。

なぜ皮脂が過剰に分泌されるのかと言うと、思春期が始まると男性ホルモンの量が多くなります。男性ホルモンが多くなると皮脂線から分泌される皮脂が多くなるがためニキビができやすくなってしまうんです。

思春期の間にできているニキビという意味ではない

思春期ニキビは思春期の間にできるニキビだと思われている方がいますが、実際はそうではなく、思春期以降に始まるニキビという意味です。一見似たような意味に見えるかもしれませんが、思春期ニキビは思春期が終わったからといってなくなるわけではありません。

 

ただし、先ほど申し上げた通り20歳を過ぎるとどんどん思春期ニキビの発症率は低下していきます。

 

自宅でニキビは治せるのか

結論から言いますと度合いによりけりです。

初期の状態で発見できれば市販品などでも効果はあります。症状がひどい場合は一度皮膚科などに受診することをおすすめします。皮膚科に行ったからといって必ずニキビが治るというわけでもなく現に皮膚科で処方されて薬を飲んでも効果がなかったという方もいます。

 

ただし自分の現在の状態を知るためには一度皮膚科で先生に診てもらってそれから処方してもらうか市販でのケアで済ますか考えるのも1つの良い選択といえるかも知れません。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事