思春期ニキビが遺伝するのか知りたい人「思春期ニキビが遺伝するのかしりたいなぁ。初めてできてわからないので、誰でも分かるように親切な解説をして欲しい。あとは皮膚科にいくべきかも合わせて知っておきたいな。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・思春期ニキビは遺伝するのか
・肌質によってニキビはできやすくなる
・思春期ニキビを一週間で治す方法
それでは「思春期ニキビは遺伝するのか」を丁寧に解説します。
スポンサーリンク

思春期ニキビは遺伝するのか

自分の親も思春期ニキビに悩まされてたことがあるから私も心配ですっていう方は数多くいますが

直接的なニキビの遺伝なのか?

結論から言うとニキビは遺伝ではありません。

遺伝によってできるものではないのでもし今思春期ニキビができている方や急にできてしまって困っている方などはそれ以外の原因が考えられます。

ニキビは今現在で9割以上の方がかかる病気と言われています。

そのため家族にニキビができる人がいることは全然ありえることなのです。

そのため家族の誰か1人でもニキビができているかいって自分もできるかと言ったら決してそうではありませんので安心してください。

しかし、肌質にはニキビができやすいとされる肌質があるので、そちらからの遺伝の可能性はありますがニキビの遺伝とは無関係です。

先ほども申し上げましたが重要なので、親がニキビができているからと言って子にも遺伝する事はありません。

ニキビができやすい肌質とは

肌質によっては先ほど申し上げたようにニキビができやすくなってしまうこともあります。

こちらに関しては遺伝性が強いとされるため、もし当てはまる方がいれば適切な対処法をする必要があります。

注意するべき3つ要素

まず、毛穴が小さいために角栓が詰まりやすいこと、次に代謝機能が低いために肌のターンオーバーが活発でないこと、そして皮脂の過剰分泌によるニキビの悪化を招きやすいこと

1毛穴が小さいために角栓が詰まりやすい

毛穴の角栓が詰まってしまうとニキビの原因である皮脂が中から外に出ずどんとワンたまってしまいアクネ菌が増殖してニキビができてしまいます。

2代謝機能が低いためターンオーバーが正常に行われない

ニキビにとってターンオーバーが正常に行われるか行われないかは非常に重要な事項です。

ターンオーバーとは皮膚が新しいものに生まれ変わる期間のことを言い基本は28日でうまれかわるとされています。

ターンオーバーが早まると成長しきれていない細胞がバリア機能を持ってしまうため古い角質や角栓を詰まらせる原因になってしまう恐れがあります。

これが正常に行われないことで肌質の調子は悪くなりますのでしっかり整える必要があります。

3皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌は別記事で解説しています。

思春期ニキビを一週間で治す方法も別記事で解説していますのでお時間ありましたらご覧ください。

まとめ

思春期ニキビは遺伝はしないのですが、肌質による遺伝はありますので、注意すべき3つの要素をしっかりと理解して自分と照らし合わせてみると対処にも繋がりますので今すぐ確認してみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事