ニキビの原因と聞いて思い浮かぶ事と言えば、ストレスや生活習慣の乱れなどがありますがお菓子がニキビのできる原因になる事を皆さんは知っていましたか?

ストレスや生活習慣以外は関係ないと思っていた方も多いと思います。

今回は、そんな方向けにニキビの原因の一つにお菓子が関係あるのかどうかお話ししたいと思います。

ニキビに関して、詳しい方も詳しくない方も、読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

お菓子が原因でできるニキビはビタミンBが関係あるって本当!?

お菓子を食べるとニキビができると言われていますが、間違った情報ではありません。

 何故かというとお菓子は塩分や糖分を豊富に含んでいますので食べ過ぎるとニキビができやすいからです。

 お菓子に含まれている糖分を分解するためには、お菓子などの糖分を分解する事のできるビタミンBが必要となります。

 ビタミンBが少なくなってしまうと糖分が溜まってしまい、それが次第に脂肪に変化し、皮脂ができやすくなります。

 皮脂が出やすくなってしまうとそこからニキビができてしまう可能性もありますのでお菓子は控えたほうが良いかもしれません。

ビタミンBの消費を抑えて皮脂が分泌されないようにするには?

 

主に3つあるので参考にしてみてください。

・お菓子を控える

ビタミンBの消費を少しでも抑えるためには、できるだけお菓子を控えると良いです。

お菓子を控えるとニキビだけでなく、他の病気の予防にもなるので、控えることをおすすめします。

 

・ヨーグルトや漬物を食べる

お菓子を控えるだけでなく、ヨーグルトや漬物を食べるのも良いと言われているため、お菓子をどうしても控えられない方は、朝食を食べる際に追加で食べてみると良いかもしれません。

 

・お菓子の量を少しずつ減らす

先ほど、ビタミンBの消費を抑えるためにお菓子は控えたほうが良いと言いましたが、食べたいお菓子をいきなり、全て我慢する事は、ストレスとなり逆にニキビを増やす原因となってしまうため、徐々に減らすようにしましょう。

 

我慢しすぎると過食してしまう可能性が高いため注意が必要です。

まとめ

 

今回は、ニキビの原因の一つにお菓子が関係あるのかどうかお話ししました。

お菓子を食べるとニキビができるのは、本当です。

 主な理由は、お菓子は塩分や糖分を豊富に含んでいますので食べ過ぎるとニキビができやすいからです。

お菓子に含まれている糖分を分解するためには、お菓子などの糖分を分解する事のできるビタミンBが必要となります。

 ビタミンBが少なくなってしまうと糖分が溜まってしまい、それが次第に脂肪に変化し、皮脂ができやすくなると言われているからです。

 皮脂が出やすくなってしまうとそこからニキビができてしまう可能性もありますのでお菓子は控える事をおすすめします。

漬物やヨーグルトを食べ、ビタミンBの消費を抑えるのも効果があるかもしれません。

決して無理をしないで少しずつ行動していけば必ずお菓子が原因によるニキビはなくなるでしょう。

万が一ニキビができてしまった場合には、ニキビケア商品を購入してケアしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事