温泉がニキビの原因になるのかを知りたい人。日本人には長く親しまれている温泉にはニキビができる原因があるって本当なの?なんでニキビができる原因があるのかだれにでも、わかりやすく教えて欲しいなぁ。対策についても合わせて教えて欲しい。
こういった疑問に答えます。
本記事の内容
・「温泉は要注意」ニキビができる原因があるのか
・泉質は大事
・温泉での具体的な対策

温泉って気持ちよくて非常にリラックスできますよね?

 

中には温泉は嫌いって言う方もいるかと思いますが、私個人的には非常に好きで色々な温泉にこれまでいきました。

 

すごく温泉にはいっていて気持ちよくて体もリラックスするんですが、温泉にはいると「ニキビができる可能性があるんです!」

 

えっ!!

 

本記事では「温泉は要注意!?ニキビができる原因がそこにあるって本当?」

 

について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

「温泉は要注意」ニキビができる原因があるの?

 

これまで多くの方が温泉には「~だから入らない」なんて思わず入浴されてきたのではないのでしょうか?

 

私もその1人でそのわけさえも知らないまま気持ちよく入っていました。

 

よくこの温泉には「~の効果があります」とか目にしたことありませんか?

 

私もそうなんだ~と思いながらよくはいっていましたが、温泉によっては「湯かぶれ」や「湯ただれ」といった皮膚炎をおこしてしまう場合があるんです。

 

温泉にそんな性質の湯があるとは今までみたこともなかったので正直びっくりしていますが、これは本当にぞんざいしています。

 

ではなんでそのような皮膚炎を起こしてしまうのか?

 

それは酸性泉とよばれるものにあります。

 

酸性泉とは殺菌や抗菌作用があるとされ、ニキビなどの皮膚感染などへの効果があると言います。

 

つまり温泉施設で酸性泉という泉質が使用されている場合はニキビができやすく、湯かぶれや湯ただれを引き起こすことがあるということなんです。

 

これをきいてしまった方は温泉では成分表や泉質をみずにはいられないですよね。

 

私も必ず確認したうえで入浴していますし、最近では温泉施設に行く前にネットなどでその温泉の泉質や成分を調べたうえでいくことも多くなっています。

 

せっかく温泉にきたのに皮膚炎を起こしてかえるのは最悪ですからね...

 

どんな泉質が良いの?

 

酸性泉がニキビなどや皮膚炎などの引き起こす原因になるんであれば逆にどのような泉質が肌に良くて安心してはいることができるのかをしらべてみたんです。

 

その結果アルカリ泉は皮膚の余分な角質を取り除き滑らかにしてくれる働きが期待されているんです。

 

温泉にはいると美肌効果があるとかいう話を耳にしたことがある方もいるかと思いますが、まさしくアルカリ泉は美肌の湯として人気を集めています。

 

湯かぶれや湯ただれが起こると?

湯かぶれや湯ただれといわれてもどんな状況なのかわからないかたいるかと思います。

 

湯かぶれとは、温泉に入る事で皮膚が赤くなったり、ぴりぴりといった痛みまたはかゆみ、発疹を起こしてしまう炎症のことです。

 

ただし湯かぶれは酸性泉だけによらずアルカリ泉でも引き起こす可能せいはありますが、一般的に酸性泉の方が起こしやすいとされています。

 

湯ただれの症状としては赤いブツブツなどが沢山でき、触るとかさぶたが点在するような感じがする。

 

これは強酸性温泉とよばれる温泉に長時間長湯したりするとこのような症状を引き起こしてしまう場合があります。

 

対策は?

万が一温泉に入ってニキビや湯かぶれ、湯ただれをひきおこしてしまった場合はそれ以上ばい菌がはいらないようにできるだけ触らないようにすることが大切です。

 

お風呂に入る際は石鹸を使わずシャワーのみにして対策をするなどの対策もあります。

 

無理に触ってしまうとかえって悪化してしまう恐れもあります。

 

これは時間がたてば自然的に治癒していきますが、心配の方は一度皮膚科に受診されることをおススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事