思春期ニキビができる原因を知りたい人。思春期ニキビができる原因は皮脂が過剰に分泌されるからできるの?何で皮脂分泌されるのかも合わせて教えてほしいなぁ。だれでもわかるように、親切に解説して欲しい。
こういった疑問に答えます。
本記事の内容
・皮脂分泌とは
・皮脂成分が思春期ニキビの原因になるとは

小学校を卒業し中学校にはいるとだんだんと成長とともにあらわれるのがニキビです。

 

個人差はありますが中学生くらいから高校生くらいに非常にできやすいニキビです。

 

これは一般的に思春期ニキビといわれています。

 

おそらくこの記事を今読んでいるあなたもこのニキビに悩まされている事でしょう。

 

そこで本記事では、「思春期ニキビの原因の1つである皮脂分泌」について解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

皮脂分泌って?

いきなり皮脂分泌といわれても「何それ?」と思われる方がほとんどだと思います。

 

結論から言うと、皮脂分泌とは人間の体には皮脂腺と呼ばれるものがありそこから分泌さえる液体のことです。

 

まったく意味がわからない方もいるかと思いますが、この皮脂腺からでる液体は思春期ニキビを発生させてしまいます。

 

つまり過剰な皮脂分泌が思春期ニキビを引き起こす原因だということです。

 

「なぜ?」皮脂成分が過剰分泌されるとは?

思春期ニキビは皮脂が過剰に分泌されることでできてしまうニキビですがなぜ皮脂が過剰に分泌されるのでしょうか?

 

そこには理由があります。

 

10代の頃は特に体の成長に伴いホルモンバランスが乱れることもしばしばあります。

 

ホルモンバランスが乱れると新陳代謝なども悪くなり肌の調子も良くなくなってしまいます。

 

また10代の方は成人の方に比べて毛穴が十分に成長していないため皮脂が過剰に分泌されやすいのです。

 

皮脂腺が多いとされるおでこや鼻周りは特にホルモンバランスや食生活などが影響してくるためすぐ皮脂が分泌されやすくニキビができやすい原因になっています。

 

これらを治すためには睡眠を十分にとることや不摂生をやめるなどの対策をしていかなければいけません。

 

今自分を見つめなおしてみてください。

 

これらに当てはまるものがありませんでしたか?

 

過剰な皮脂分泌は思春期ニキビを作ってしまう原因の代表格とも言えるもので、多くの方がなやまされている問題でもあります。

 

私も実際できてしまい相当なやみましたがとりあえずネットで調べてすぐ行動に移しました。

 

思春期ニキビは大人ニキビのように角栓が飛び出たりする事はありませんがテカテカしていて脂っぽいのが特徴です。

 

よく「ニキビを潰した」や「ニキビは潰していいの?」という行動や疑問をいだいている方がいますが、思春期ニキビに関しては潰す事でもニキビ菌を排除する事ができます。

 

思春期ニキビは膿を押しつぶしてことでニキビの原因菌を排除できますが大人ニキビなどはできないため潰す事も良くなく厄介です。

 

潰す事が正解ではないですが潰すよりはニキビケアなどで治していったほうがより安心できて良いです。

 

皮脂がなくなりすぎてもかえって肌が乾燥してしまうので良くはありませんが、思春期ニキビを少しでもなくすためにはまず過剰な皮脂分泌をおさえることから始めてみてはいかかでしょうか...

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事