年中通して肌がざらつき、スキンケアをしてもなかなか結果が出ない日々に悩まれている方は多くいるのではないのでしょうか?

スキンケアの基本を取り組んでいるのにも関わらず結果がでないので不安になっている方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために本記事では

・間違ったスキンケア
・ざらつきを抑える4つの方法
について解説していきたいと思います。
スポンサーリンク

こんなスキンケアはざらつき肌を引き起こす!?

スキンケアをしっかりおこなっているのにざらついてしまうのには原因があります。

今やっているスキンケアが実は肌を悪化させてしまっている場合もあるんです。

ここで今一度スキンケアについて見直してみてください。

必要以上にやりすぎていませんか?

インターネットなどでスキンケアのやり方を調べて実践したものの、結果がでず悪化した状態から回復傾向に向かわないあなたは、もしかしたらスキンケアを必要以上にやりすぎている場合があります。

 

人によって個人差はあるものの、一般的に決められている方法で実践しないとなかなか結果はでないものです。

 

ただ、中にはしっかり守っているのにも関わらずなかなか良い方向に向かっていかない方もいるでしょう。

 

今一度確認してみてください。

 

・洗顔のやりすぎ

肌に皮脂汚れやメイクの落とし忘れが残っている場合、肌状態が悪化しざらつく場合があります。これは一般的なことですが、

 

やりすぎてしまう事によってもかえって肌が悪くなってしまうこともあります。

 

やりすぎてしまうと肌の水分がどんどん取られ水分不足になってしまうため、肌に潤いがなくなってしまいざらつく状態がうまれてしまいます。

 

また、洗顔をする際に、洗顔商品を使っている方で洗浄力が強いものを使われている方もいるかもしれません。

 

あまり強いものを使っていると、肌を刺激しすぎてしまい悪化の原因にもなりますので今いちど自分の肌状態と自分が使っている洗顔商品を確認してみるのも改善の1つと言えます。

 

一日に何度も洗顔しないことが改善策です。

 

そのほかの原因として、

・汚れを落としきれていない
・掻いたりして肌をこすってしまう
・十分な保湿ができていない
・食生活の乱れ
・ストレス
・睡眠不足

などが挙げられます。

これらはざらつきを引き起こす原因として直接的に関係していますので、自分に1つでも当てはまる場合は今すぐ対策をすることをおすすめします。

 

具体的な対応策は↓に詳しくまとめて解説しています。

ざらつきを抑える4つの方法

ざらつきを抑える方法は大きく分けて4つあります。

1.ピーリング
2.食事
3.運動
4.睡眠

1つめのピーリングについて

ざらつきは、古い角質が長期間溜まり続けてしまうせいで新しい肌が作られずざらついてしまうというものですが、そこでこれを解消してくれるのがピーリングです。

みなさん一度は耳にしたことがあるかと思われるターンオーバー。

ターンオーバーとは
肌が一定のサイクルで新しい肌に生まれ変わる肌の代謝のしくみのこと。
このターンオーバーの働きを促進させてくれるのがピーリングなんです。
これをすることで、一定の周期で肌を新しいか角質に生まれかわれさせ、肌の調子を整えることができます。
ピーリングをおこなう際も、周期を守らずにどんどんターンオーバーするのもよくはありません。
期間が短いと角質が十分に育っていないため外部の刺激に対応できず菌などが入り込みやすくなってしまいます。
ピーリングを受けられるのはエステや美容専門皮膚科などです。
ただ、値段などもちょっと気になりますよね?
安心してください。
ピーリングは市販や通販などでも販売がされていて効果はあります。
(ないものは販売されません><)
ピーリングケアは1週間から2週間に1度する感じで大丈夫です。
市販だとどれにすればよいかわからない方のために通販でおススメのピーリングケアを紹介させていただきます。
通販おすすめピーリングケアは下記から

>>美容皮膚科医がプロデュース『ドクターシムラ角質ケアローション』<<

2つめは食事について
食事については、バランスの良い食生活をこころがけ、じっさいに行動する。
食事バランスが偏よるとホルモンバランスが乱れ皮脂が溜まりやすくなったりするのでニキビなどができてしまう場合もあります。
それ以前に不健康なので大きな病気に繋がってしまうこともあるため、バランスを意識した食生活にすることが大切です。
また夜食などもできればやめたほうが良いです。
そちらについては3つ目の睡眠で解説します。
3つめは睡眠について
睡眠は、人間の中でももっとも大切な1つとしてあげてもおかしくはありません。
睡眠は体力を回復させるとともに皮膚などを新しいものに作ってくれるものでもあります。
それが活発化するのが夜10時から朝の2時と言われています。
その時間帯には寝ていることがベストと言えます。
夜の9時以降は飲食するのをやめるのもこれが理由です。
4つ目は運動について
運動することによって得られる効果として、汗を流すことで不純物を外に出す事ができることです。
皮膚の中にたまっている汚れや皮脂などを汗でながして肌を綺麗にすることで、肌の調子を整えることに繋がりますのでジョギングなどの有酸素運動をメインにやってみることをおすすめします。
汗を掻くことがポイントです。
ざらつきを抑える4つの方法は以上です。
少しでも早くざらつきを改善し自信ある肌をてにいれましょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事