背中ニキビってなかなか気づきにくいですよね?

 触れて痛みがでて気づいたりする人は多いんではないでしょうか!?

 背中ニキビは気づきにくいですので、発見したときには悪化していたなんてことも珍しくありません。

 悪化した状態を放置しておくと大変なことになってしまう恐れもありますので、早急な対応が必要になってきます。

 そこでふとおもったのが、もし背中ニキビを見つけた場合は自分でつぶしても良いのかと...

スポンサーリンク

背中ニキビはつぶしても良いの?

先ほども伝えましたが、背中ニキビとは、顔などにできるニキビとは違って、気づきくく発見が遅れてしまうことがあります。

そのため悪化してしまっている場合も多々あります。

ではどうすればそんな背中ニキビを綺麗になくせるのか?

自分で見つけ次第潰していくのが良いのか?また潰してしまっても良いのか?

おそらく一度はニキビを潰してしまった経験がある方はいるんではないでしょうか?

結論から言うと、自分で潰してしまうのは非常に良くありません。

ニキビを手で潰してしまうと、手にもばい菌が数多くいるためそこから炎症を起こしてしまうことだってあるんですよ。

これだけでも非常に悪影響ですよね!

悪化してしまうとニキビ跡などが残ってしまう場合もあります。

今まで手でつぶしていたって方やこれからやろうとしていた方がいるんであれば、絶対にやめてください。

悪化してしまうとニキビ跡などが残ってしまう場合もあります。

 背中ニキビができる原因って何?

背中ニキビとは簡単に言うと毛包炎という皮膚の病気です。

毛包とは、毛穴の奥にある皮膚の組織の事で、毛のうと呼ばれたりもします。

毛包炎は、細菌や真カビがきっかけで発症してしまいます。

そのため、どのような原因で発症したかによって治療方法や治療する薬が異なります。

発症してしまうと赤い丘疹ができるのが特徴で、そこから悪化して化膿してしまうと濃がニキビに溜まってしまいます。

背中ニキビは、背中だけでなく、お尻や太ももなど様々な箇所にできたりするので背中にニキビがないから大丈夫と油断しないようにしましょう。

思春期の時にできるニキビは、よくある一般的なニキビで背中ニキビとはまた異なります。

ちなみに思春期にできるニキビは、異常性痤瘡と呼ばれています。

背中ニキビと同じように顔だけでなく背中にもできたりします。

毛包炎と合わせてできたりする可能性が高いです。

背中ニキビはしっかりと治ります

しっかりと日々ニキビのケアをしているのに何で治らないの?と思う方が多いかもしれませんが、実はケア方法を間違ってなければ背中ニキビは治すことができます。

先ほども少しお話ししましたが背中ニキビと簡単に言ってもその時によって原因がかわるため、原因に合わせた治療を行う必要があります。

原因に合わせた治療法を行わなければ、どんなにケアをしても背中ニキビを治すことは困難です。

そのため、皮膚科などで原因をしっかりと探し適切な治療薬で治療する事をおすすめします。

治療しても治らない事があるって本当?

今回ご説明した様々なニキビの病気を治すために治療したけれど全然効果が表れないという方は、ストレスを過度に抱えてしまい、男性ホルモンがたくさん分泌されていたり、糖尿病などの疾患があるかもしれません。

そのため、皮膚科に行っても治らない場合は、内科を受診して隅々まで検査してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事