突然ですが...

10代の自分に合うスキンケアに悩んではいないでしょうか?

10代は美容に興味を持ち始める時期で女性として本格的にお化粧などにも力をいれていく時期でもあります。

ただ、まだ美容知識も浅いため10代の肌に合うスキンケアを見つけられない方も数多くいます。

よく掲示板などで、「早くなおしたいがために過剰にケアしてしまいかえって酷くなったため、もう何をしたら良いのかわかりません」、「過剰なスキンケアでぼろぼろになってしまったので何を購入するべきか教えて欲しいです」というのをみかけます。ただ、解決するのにかなり前進する事は間違えないので、この先しっかりと自分自身と向き合っていけるかたに向けて書いています。

そこで本記事では、10代の肌質を理解し適切なスキンケアをあなたにお伝えいたします。

スポンサーリンク

10代の過剰なスキンケアはNG!?

10代といえばまだ学生の方がほとんどだと思います。最近ではお出かけなどでお化粧をする10代の方も多く見受けられるようになりましたが、ほぼ毎日お化粧する方はほとんどいないのではないのでしょうか?

しかし美容に興味を持ち始める時期でもあり、家にいても朝起きたら化粧の練習でメイクと向き合ってみたり、好きな人に少しでも見てもらえるように努力をしたりする時期でもあります。

社会人になれば朝起きて化粧して通勤してまた次の日も...と毎日お化粧と接している時間があります。しかし、10代の大半の方はまだあまりお化粧を本格的にした事がないので使い方であったり、量であったりがイマイチわからない方も多いと思います。

そのため、ただやみくもにみよう見真似でしてしまいかえってやりすぎになってしまうんです。「あの子のお化粧の真似をしたい」、「自分のお化粧のルーティーンを見つけたい」、そのため、わけもわからずに派手にやりすぎでしまう方は多く見られます。

これに関しては仕方が無い部分もあります。

知識がまだ足りないのもあります。

でもやりたくなってしまいますよね!

だって綺麗になりたいんですもん。

そうですよね!

しかし、やり方がわからないままやみくもにスキンケアをしてしまっては肌には危険です。

泳げないのに1人で泳ぎに行くようなものです。

非常に危険ですよね?

あたなの肌もこのような危険にさらされているのです。

なので自分の肌質を理解しておく必要があります。

いきなりスキンケアをするのはおすすめできません。

ここまで述べてきましたがやはり10代の女性の過剰なスキンケアは特によろしくはありません。試しすぎによる肌への負担、知識不足で過剰にお化粧してしまい肌に負担をかけてしまうのでやめましょう。

10代の肌質は繊細です

10代のころは思春期とともに肌質も変化していきます。

10代の頃の肌は皮脂が過剰に分泌されやすいため思春期ニキビができやすくなっています。

そのため肌にストレスを抱えてしまっては良くありません。

いわゆる強い刺激などが肌に加わってしまうと肌質を悪くしてしまいます。

10代は成長過程の途中であるので過度なスキンケアは避けてください。

化粧品の試しすぎはよくありません

みなさん、スキンケアに限らず化粧品を探すときサンプルなどを試した事はあるでしょうか?これもいい、あれもいいっ!なんて気づいたら数多くのものを試していました...うん、経験ある!!

ごく普通にみなさんやられていると思いますが...あれが良くないんです!

理由としては、どんどん変えて試していくと肌に相当な負担がかかるためです。変化に肌が対応し切れていない、それどころか悪化してしまう最悪の状況になるんです。10代の女性の肌は水分もあり潤っていますのでこれだとやる前のほうが全然良かったなんてことにもなりかねないのです。

先ほども申し上げましたが、まずは肌質を知っておく必要がありますので、皮膚科に相談をしにいったりするのもいいかもしれません。

皮膚科にいくことはためらわないことが大切です。

自分の肌質を相談しに行くだけなのですから深く治療なんて考えないでください。

または、今ではヤフージャパンやグーグルの検索窓で「肌質 確認」などで検索すると自分の肌質をいくつかの質問に答えて知ることができますので簡易的に知りたい方はぜひそちらも利用してみるといいかもしれません。

 

10代のみなさんにおすすめしたいスキンケア10選

最後に10代のみなさんにおすすめしたいスキンケアを用途別10個を紹介させていただきます。

10代の肌質は皮脂が過剰に分泌されやすいため過剰にスキンケアをすることはかえって肌質を悪化させてしまうことになります。

肌に潤いを与えるスキンケアなのにやりすぎると逆に乾燥してしまい肌荒れにつながります。

10代のスキンケアでは特に洗顔と保湿を重視してケアをする必要があるため今回はそれらでおすすめしたいケアを10個紹介させていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事