出会い系サイトはネットですぐに彼氏を作る事ができる魅力的なサービスですが、悪質なものに引っかかってしまうとまず男性とは出会う事ができないでしょう。

 

なぜできないかは別記事で紹介していますので気になる方は是非ご確認ください。

 

今回は、出会い系サイトを利用するうえでの疑問や問題についてお伝えしていきます。

 

その前に彼氏の作り方を知る

スポンサーリンク

サクラというのは男女共通して存在するって本当!?

 

まずサクラという言葉自体がどのようなものがご存知でしょうか?

 

チェック:サクラとは?
ここでいうサクラとは運営業者に雇われてお客として参加してその場を盛り上げる人のことです。
つまり、本当に出会いを目的としてサイトを利用しているのではなく、そのサイトの売り上げを目的に運営会社から雇用された、仕事としてそのサイトをお客さんを装って利用している人がいるということです。
こちらは悪質な業者にはまず存在していると考えてよいでしょう。
このサクラというのは男性にはもちろん女性のサクラが、女性には男性のサクラというのが存在します。
でも安心して欲しいのが基本的に大手出会い系サイトはこのサクラがおらず一般男性のみの構成となっています。

サクラにだまされそうで不安です

 

サクラを見破る方法はいくつかありますが、その前にお伝えしたいのがサクラと出会わなければよいことなのです。

 

サクラはさきほどもお伝えしたように大手ではないサイトなどに多く存在します。

 

それであればそういったサイトを利用しなければよいだけなのです。

 

大手サイト
・わくわくメール
・ハッピーメール
・pcmax
・ペアーズ
これらのようなサイトは大手サイトでサクラはいないと考えてよいでしょう。
こういった大手サイト以外での登録はサクラに出会ってしまう可能性がありますのでやめたほうが良いです。

優良の出会い系サイトとは?

 

大手サイトと呼ばれる出会い系サイトは基本的に優良な出会い系サイトと呼ばれています。

 

この大手サイトの特徴にはどんなものが挙げられるのでしょうか?

優良なサイトとは
・サクラが存在しない一般男性、女性のみの構成になっている
・サポート体制がしっかりしている
・料金形態がととのっており、前払いでの購入(ポイント制や月額制など)
・利用客が多い
・cmなどでの宣伝もされている老舗サイト
今あなたが利用しようとしているならここにあげたものはしっかりとクリアしておく必要があります。
かといって多くある出会い系サイトの中で大手サイトと呼ばれるものも限られていますので、今挙げたサイトなどを利用するのが一番無難だと思います。
お互い利用料無料なんてサイトが中にありますが、そのようなサイトは利用しないほうが良いです。
質がすごく悪いので、なにがあるかわからないという不安があります。
問題が起こってからでは意味がないので、把握しておく事が大切ですよ。

サクラの見分け方も一応覚えておこう!

 

サクラは大手サイトには基本的にはいませんが、あなたがもしかしたらサクラがいるサイトに登録や出会ってしまう事がこれから先あるかもしれません。

 

そんなときにサクラなんかにだまされないために、今ここでサクラの簡単な見分け方をいくつか紹介していきたいと思います。

 

サクラの特徴
・いかにもめちゃくちゃイケメンのもてそうな甘い顔
・写真にめちゃくちゃこだわりがあり、まるでプロが撮影したようなアングル
・メッセージでいきなり会いたいな!はNG
簡単に挙げさせていただきましたが、これらがサクラが女性を狙ってコンタクトをとってくる方法ですね。
これは女性のサクラとは、またコンタクトのとり方というのがちがいます。
男女の弱みを理解して狙ってくるのがうまいところですね。
メッセージでいきなり会いたいなといってくる人は怪しいのでやめたほうがいいです。
たとえサクラでなく普通の男性だったとしてもいきなりその言葉は明らかに何目的かわかるはずです。
本気で彼氏を作りたくて出会いを求めているのであればそんな誘いには乗らないはずですよね!

SNSと出会い系サイトの違いはあるの?

SNSときくと出会いを求めるものだと思っている人がいます。
しかし、SNSは出会いを求めるものではないです。
SNSというのは、コミュニケーションをはかるツールとして使われています。
出会いを求めるのであればSNSでなく出会い系サイトを使う事をおすすめします。
いまではSNSで連絡先の交換などをすると運営から場合によってはアカウント停止措置をとられる可能性もあります。
というのも最近SNSから発展する問題が多くなってきているからなんです。
SNSは基本的に個人の情報発信のためにあるものです。
出会いの場は出会い系サイトで出会ったほうがお互いに求めている点が同じなのでよりスムーズにいきやすいですよ。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事