アンチエイジングや美肌に必要な栄養素といわれて真っ先に思い浮かぶのが「コラーゲン」ではないでしょうか?

 

「コラーゲン」という名前は知られていても「どんな食品に多く含まれているのか」、「ただ摂取するだけでいいのか」、「効果的な摂り方」などは意外と知られていないことが多いようです。

 

そこで今回はこれらの疑問について解説をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもコラーゲンって美肌の味方なの?

 

結論からいうと、コラーゲンは美肌にはすごく良いとされています。

 

コラーゲンはタンパク質のひとつで、人間の体内にある「全タンパク質の約30%を占め」ているといわれています。

 

コラーゲンのうち40%は皮膚、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓、腱などの全身に広く存在しています。

 

人間の身体は、約60兆の細胞から成り立っていますが、これらの細胞は髪の毛、爪、血管、内臓など、それぞれは細胞同士がつながってできています。

 

「コラーゲン」は、細胞と細胞の間にあって細胞同士をくっつけるはたらきをしています。

 

コラーゲンと老化って深い関係があるって本当?

 

結論から言うとコラーゲンと老化は密接な関係があります。

 

コラーゲンの老化物質であるAGEはコラーゲン繊維の間に不規則に付着して配列を乱してしまいます。

 

コラーゲンも肌と同じで古くなった繊維酸素で分解され、新しいものに置き換えられます。

 

しかし、AGEと結合されてしまったコラーゲン繊維は酸素で分解されないので機能低下したコラーゲンが残ってしまいます。

 

これをずっと放っておくと真皮のコラーゲンの配列も乱してしまい、さらに皮膚や筋肉の萎縮が進行してこれがシワやたるみとなってしまう恐れがあります。

 

コラーゲンって言えばフカヒレ?

 

コラーゲンというと「フカヒレ」というイメージが強いかもしれません。

 

実際フカヒレには多くのコラーゲンが含まれていますが、高級食品ですからなかなか食べることはできませんよね。

 

しかし安心して欲しいのが、実はもっと身近な食材にもコラーゲンは含まれているんです。

 

コラーゲンを見分ける一つの方法としては、冷めたときに「ゼラチン状の煮こごり」ができるものです。

 

また、コラーゲンには「動物性食品」と「海洋性食品」があります。

それぞれのコラーゲン量をまとめてみました。

コラーゲン量
動物性食品牛スジ(4,980mg)牛肩肉(750mg)豚レバー(1,800mg)豚白モツ(3,080mg)鶏軟骨(4,000mg)鶏手羽元(1,990mg)鶏モモ肉(1,560mg)海洋性食品フカヒレ(9,920mg)うなぎの蒲焼(5,530mg)鮭(皮あり)(2,410mg)しらす干し(1,920mg)サンマ(皮あり)(1,820mg)ブリ(皮あり)(1,620mg)

こうみてみると「フカヒレ」のコラーゲン量はダントツですね!

 

鶏肉は値段もお手ごろでどの部位でもコラーゲンの量が多く、そのうえ低カロリーなのでダイエットをしている人や主婦にもおすすめです。

魚は身だけでなく皮を食べる事が大切なの?

 

魚の皮を食べるとすごく良いと聞いたことはありませんか?

 

魚は皮と身の間にコラーゲンがたくさん含まれていますのでできれば皮も残さずに食べたいですね。

 

ただここでよく勘違いしやすいのが、コラーゲンが多く含まれた食品を摂ったから「コラーゲン」をしっかりと摂取したということです。

 

コラーゲンが多く含まれた食品を摂取したからといってコラーゲンがそのままの状態で吸収されるわけではありません。

 

なんでコラーゲンを摂取したからといって吸収されるわけではないのか?

 

これは吸収する途中で「アミノ酸に分解」されてしまうからなんです。

 

これにより体の中にはコラーゲンをもう一度合成するために必要な(もともとコラーゲンだった)成分の多くが存在することになります。

 

つまり、コラーゲンは摂取しても直接吸収できるわけではなく、体内でコラーゲンを再合成するための成分を吸収しているということになります。

 

また、コラーゲンだけをたくさん摂取すればいいのかというと、そうではありません。

コラーゲンを効果的に摂取する方法とは

 

コラーゲンから作られるアミノ酸のほとんどは非必須アミノ酸で、必須アミノ酸はごく少量しか作られません。

 

ですから、コラーゲンの生成を活性化させるためには、「アミノ酸を豊富に含んだタンパク質を同時に摂る」ことが大切です。

 

肉類や魚介類、卵やチーズ、大豆や豆類などバランスよく取り入れることが欠かせません。

 

つまり普段の食生活と同じでバランスの良い食生活をしないと体がどんどん不健康になってしまうのと同様です。

 

コラーゲンだけを摂取しても体内吸収はできません。

 

コラーゲンを体の中で再合成するには、ビタミンCや鉄分などの栄養が必要です。

 

コラーゲンは体内で作られるときに、ビタミンCがないと完全なコラーゲンが作られないのです。

 

コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることによって体の中でコラーゲンが合成され、ハリのある美しい肌を保つことができます。

 

ですからコラーゲンの量だけにとらわれず、バランス良くいろいろな栄養を摂ることが大切です。

 

みかんや柿、グレープフルーツなど果物と一緒に摂るのもおすすめです。

 

まとめ

 

美肌やアンチエイジングに欠かせない「コラーゲン」は、ただ食べればいいというわけではないようです。

 

コラーゲン以外のタンパク質やビタミンCなど他の栄養もバランス良く摂ることが大切です。

 

身近な食品にもコラーゲンを多く含む食品がたくさんあります。

 

毎日の食卓に上手に取り入れて、バランスの良い食事が大切です!

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事