ニキビの原因といえばアクネ菌がほとんどですが実はその中にはカビが原因でできるものもあるとご存知でしょうか?

 

特に背中や胸にできるニキビにはカビの可能性が高く注意しなくてはいけません。

 

今回はそんなカビが原因でできるニキビについてと、背中ニキビができやすくなるNG習慣についても合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

背中ニキビの原因がカビにある!?

 

ニキビといえば原因は毛穴のつまりを炎症させるアクネ菌がほとんどだと思っていないでしょうか?

 

アクネ菌がニキビの原因菌になっているのは間違いありませんが実はそのほかにもマラセチア菌というカビの一種もニキビの原因になっているのを知っていましたか。

 

マラセチア菌はアクネ菌と同じく人の肌に住み着く常在菌ですが主に胸や背中などの体に存在しています。

 

つまり、住みかといている場所がマラセチア菌とアクネ菌とでは違うのです。

 

マラセチア菌の特徴とは?

 

普段は何も影響を与えることがない菌ですがマラセチア菌は皮脂の脂分を好み、その数を増やしてしまいます。

 

背中ニキビは他の部分比べ皮脂の角質量が多いことから、皮脂も過剰に分泌されます。

 

マラセチア菌にとって背中や胸は最高の環境といっても過言ではありません。

 

また、炎症を起こしてしまうとニキビのような赤みを伴うぶつぶつが肌に表れてしまいます。

 

このことをマラセチア毛包炎といいます。

 

マラセチア毛包炎の症状見た目は赤ニキビと同じく肌に細かい赤いぶつぶつが出てきます。

 

よく見ると少し光沢があり、小さく広範囲に広がっているのが特徴です。

 

またマラセチア菌が皮脂を好む傾向があるため、胸元や背中など皮脂腺の多く集まる部位に集中して発生します。

 

ブツブツの中には膿が溜まっていてニキビと非常に似ていますが唯一違うのが押しても膿や芯が出ることはありません。

 

これは「ニキビとマラセチア毛包炎の最も大きな違い」でもあり、マラセチア毛包炎の厄介な点でもあるのが自然治癒しないという点です。

 

マラセチア毛包炎はなんで自然治癒しないの?

 

結論から言うと、この原因がカビであるためニキビとは根本的に原因が異なり、ニキビ治療薬では効果がありません。

 

そのため、マラセチア毛包炎の疑いがある場合はまず皮膚科に行って医師による治療を受ける必要があるのです。

 

専用の治療を受けないと治らず、それをわからないままにしているとかえって悪化させてしまう場合もあります。

 

病院にいかなくても処置はできますがそれはあくまでも処置ですので、病院にいって一度診てもらいましょう。

病院での治療法

 

病院では薬での処方がメインでしょう。

 

病院から処方される抗真菌薬を使えば簡単に治療も可能です。

 

しかしなかには病院にいかずとも自宅での処置でとりあえず様子を見たいと言う人もいるかと思います。

自宅での応急処置

 

自宅でできる処置としてはボディーソープなどを変えてカビを殺菌できるものを選ぶ必要があります。

おすすめボディソープ

・コラージュフルフル液体石鹸(リキッドソープ)250m

コラージュフルフル 液体石鹸 250ML

価格:1,980円
(2019/9/12 14:08時点)

 

 

しかしこれは先ほどもお伝えしましたがあくまでも処置ですので簡易的です。

 

とりあえず処置をして様子をみてから行動したい人には良いのかなと思います。

 

背中ニキビができやすくなるNG習慣とは?

 

続いては背中ニキビができやすくなるNG習慣についてです。

 

先ほども伝えましたが、背中は皮脂や汗の分泌が多く、皮膚の角質層が厚いパーツです。

 

しかも、衣服で擦れたり蒸れやすい影響で、ニキビが発生しやすい環境にあります。

 

そのため、次々と化膿したニキビができてしまう「難治性のニキビ」となるケースが多く、ニキビとニキビ跡の両方に悩んでいる方が多くいます。

 

背中ニキビが引き起こしやすい難治性ニキビとは

 

皮脂が過剰になると、毛穴が詰まってニキビになってしまう可能性があります。

 

体の中でも、背中は皮脂腺が多く、皮脂量が多くなる事で毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまうことがあるのです。

 

摩擦などで肌に負担がかかると、角質(皮膚の表面)が厚くなって毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビ(難治性ニキビ)の原因になることがあります。

 

以下のような日常の行動は、摩擦を起こしやすく、肌に負担がかかりやすくなって背中ニキビに繋がることがあるため気をつけましょう。

 

背中ニキビを引き起こしやすい日常での行動

 

その1.衣服を身に着けている際や入浴の際

衣服や下着などの擦れ・汗、蒸れ・体をゴシゴシ洗う、拭く・掻くなどまた肌のうるおいが不足していると、より肌に負担がかかりやすくなるので肌の乾燥を防ぐことも大切です。

 

入浴の際のシャンプー・リンス・石鹸などのすすぎ残しが毛穴に詰まり、背中ニキビの原因になる事もあります。

 

背中は手が届きづらく、見えづらいので、きちんと流しているつもりでも意外と石鹸などを洗い残しやすい部分です。

 

特に、髪が長い方は、背中に髪がつきやすいため注意しましょう。

 

体をきれいにすすいでいても、髪のすすぎが不十分だと、背中の肌表面にシャンプーが付いたままになってしまうこともあります。

その2.ホルモンバランス

ホルモンバランスは、生活習慣の乱れ(睡眠不足・食事の栄養の偏りなど)や、ストレスなどによって乱れやすくなるといわれています。

 

女性の場合は、生理前などもホルモンバランスが乱れやすいとされる時期の1つです。

 

 

具体的には、脂質や糖質の過剰摂取、タンパク質とビタミンが不足している、コーヒーやアルコールなどの過剰摂取などがあげられます。

その3.生活習慣

外側と内側のケアをしっかり行えば、背中ニキビを改善するだけでなく、予防につながることに期待が持てるでしょう。

 

具体的には生活習慣の見直しです。生活習慣に乱れがあった場合、その乱れを改善していくことが重要です。

 

まずはたばことお酒をやらないようにして、睡眠時間を長くとって、睡眠不足を解消していきます。栄養バランスのとれた食事を基本的に心がけ、野菜や果物をしっかりととっていきます。

ストレスから逃れた生活を送る

 

ストレスをため込まない日常生活も大切です。

 

ストレスはリラクゼーションや入浴その他自分の趣味などで発散していくことが大切です。

 

入浴や就寝前に確認しておきたいこと

 

スキンケアなど風通しのよい衣服と肌着を選び、背中を蒸れさせないことを心がけてください。

 

お風呂に入る前に、清潔ある衣服と肌着を選ぶところから始めます。

 

お風呂に入って背中を洗うとき、洗い残しがないようにすることが求められますが、ゴシゴシと強く洗わないように注意します。

 

入浴後、ローションやクリームなどで保湿します。寝る前にその寝具も清潔を維持することが重要です。

 

まとめ

 

背中ニキビの原因の1つにカビの発生が挙げられます。

 

また背中ニキビの種類の中には自然治癒しないとされるマラセチア毛包炎があり、これは通常のニキビと似ているので通常のニキビ対策をしがちですがそれでは治すのが厳しいとされているので病院にいって診てもらってください。

 

まずは様子をみてからという場合は専用のボディーソープなどで応急処置をするのもよいかと思います。

 

なにをやるにしても悪化だけは防ぎたいところです...

 

スポンサーリンク
おすすめの記事