高学歴って将来有望な会社に勤められるイメージがありますよね。

 

高校でて良い大学いってそこを卒業するなんて誰もが尊敬するしすばらしいことではあります。

 

しかし、どんなに良い大学にいって卒業したからといって成功者になれるのかと言えばそうではないと思うんです。

 

そこで、今回は「人生は学歴で決まらないという話」について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

世の中には人生が学歴で決まるのではと思っている人もいる話「そうなるのも当然です」

 

学歴と聞くと低学歴と高学歴が思い浮かばれますが、高学歴ってすごく良いイメージがありますよね。

 

なかなか普通に勉強をしていてはいけないような高校や大学にいけば周りからもすごいと言われる高学歴の人は、その先の社会でも有望な会社に勤めるのではないか?もう人生は勝ち組だ!と本人も思うかもしれませんが周りもそう思う人は多いです。

 

会社側からしてもそういった人はすばらしいと評価をするでしょうし、そういった意味ではメリットなのかもしれません。

 

しかし、現状ではなかなか高学歴をもってしてもその先が暗い人もいるのが現状です。

 

なぜ高学歴でもその先が暗い人もいるのか...

 

結論から言うと、高学歴でもその先で続ける事ができなければ何も生まれないからなんです。

 

その先で輝ける人間でないとたとえ職場に就職できたとしても続かないでしょう。

 

仕事というのはまさにアピール合戦です。

 

自分をどんどん前面にだしていきどんどんいろんなことを吸収していかなければいけません。

 

そのためには、先輩などとの積極的なコミュニケーションなども大切になってくるでしょう。

 

あるいみで職場の輪に入れない人は結局は除外されていってしまいます。

 

学生=勉強=高学歴でしたが、その先では、社会人=働く=コミュニケーションと言う感じになっています。

 

つまり、学生の頃は勉強が第一なのでそのトップともいわれる高校や大学いけばすごいと評価されますが、社会人では高学歴というよりは働く事はもちろんいかにその職場の輪に入りなおかつ向上心をもってコミュニケーションがしっかりとれる人材というのが職場からも欲しがられる人材であり、就職後もこういった人材は好かれやすくより当事者にとっては続けやすい環境になるでしょう。

 

高学歴ではない人が成功しているという話

 

学生では高学歴というのがあるいみ成功者なのかもしれません。

 

しかし社会人とは高学歴な人ではなく低学歴な人でも成功を収めている人がいます。

 

例えば高校すらも卒業をしていないが今現在は会社経営者になっている人もいます。

 

逆に言えば高学歴だが自分がおもったような就職先に就くことができずあわやニート生活をせざるおえない状況下の人もいます。

 

なので高学歴だから成功者になれるというのは事実ではないのが今の現状です。

 

成功者の定義とは人それぞれ違います

 

成功者の定義というのははっきりいって人それぞれ違います。

 

しかし、多くの方が「将来お金持ちになりたい」や「何不自由なく暮らしたい」という気持ちをもっているのではないのでしょうか。

 

これはある意味当然のことで、これらが達成できればより充実感というのも得られるかもしれません。

 

中には、よい就職先につくことが成功者だと考える人もいれば、就職先でどれだけ輝けるかが成功者だと考える人、またはそこで社長になることが成功者だと考える人、最初から経営者になるのが成功者だと考える人もいるでしょう。

 

これだけでも成功者の定義とういうのはいろいろあり人それぞれ違います。

 

今4つほど挙げさせてもらいましたが、これらをみてみると高学歴というのがメリットになる場合も少しはありますが、やはりそれ以上に大切なのが気持ちや努力、向上心なのではないでしょうか。

 

人生の成功者の特徴とは...

 

高学歴な人で成功しているひともいますが、そうでない人で成功をしている人も数多くいます。

 

高学歴だからと言って人生安泰かと言えばそうではなく、むしろただの肩書きだけになってしまっている人もいます。

 

そこで人生の成功者における共通した特徴をいくつか紹介したいと思います。

 

成功者の特徴
1.一匹狼でいることを覚悟している
2.成功者の人とかかわりを持つ
3.継続は力なりを理解し実行
4.失敗を認める
1つ目 一匹狼でいることを覚悟している
成功者というのはある意味孤独です。しかしその孤独感にも打ち負けずに自分の強い意志をもって1人でひたすら進んでいきます。
結果がでるまでは周りも信じず馬鹿にされることもあります。それでも進み続けて結果がでてくると周りが集まりだしてくるんですね。
その覚悟というのはすさまじいものでどんなことがあっても挫折をしないで突き進みます。
2つ目 成功者の人とかかわりを持つ
成功者の人とかかわりを持つといってもどうしていいのかわからない人もいるかと思います。成功者の人との関わり方としてはその人が公演などをしているのであれば、そのはなしをききにいったり、その人がSNSをしているのであればそちらを拝見してみたりしてその人の情報発信を頭に叩き込むことも1つのやり方です。
公演などの直接話をきける機会があるのならいかない手段はないでしょう。
3つ目 継続は力なりを理解し実行
今成功をつかんだ人もいきなり成功をつかんだかと言えばそうではありません。
成功までには数々の苦労がありますが大きな目標をつかむために日々努力をして必ず達成できると信じているからこそ継続ができるのです。
何事も続けることができなければそれを極める事もできずその道のプロになることはできません。
4つ目 失敗を認める
失敗を認めることって意外と難しいと言うか気持ちの面で受け入れがたい人もいるのではないでしょうか。
自分が全力でやってきたことに対してそれが失敗した場合なかなか自分の非を受け止めることがしにくく認めたくないというふうになってしまいがちですが、これでは先には進めません。
というのも解決策を見つける前の段階で踏みとどまっている状態なので、いずれ挫折というふにもなりかねないのです。
失敗を認めることは大切なことで自分自身も成長できます。

まとめ

 

人生は高学歴できまるのかと思えば実際のところそうでもありません。

 

高学歴でなくても成功を収めている人は数多くいるので高学歴が全てではありません。

 

むしろ就職してからが本当の戦いです。

 

成功者になるには高学歴以上に向上心や努力などをおしまずやりきることが成功につながると思います。

 

以上が人生は学歴ではきまらない話[成功者の特徴とは]です。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事