思春期の頃は成長とともにニキビなどもできやすくなり、恥ずかしい思いや気になってどうしようもない経験をされている方も多いのではないのでしょうか。

 

ニキビができやすい体質の方にとってはとても辛いです。

 

こういったテカリやニキビができやすいお肌のことを脂性肌と呼んだりします。

 

この脂性肌タイプの人は、お肌の皮脂コントロールがうまくできていないのかもしれません。

 

皮脂コントロールというと、毛穴の働きに問題があるのかなと思うかもしれません。

 

しかし、実は皮脂コントロールには食生活も関連していると考えられているんです。

 

そこで今回は、思春期の時期のテカリやニキビ対策に効果的な食べ物について具体性を用いてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

思春期の時期のテカリやニキビ対策に効果的な食べ物とは?

テカリやニキビ対策をする前にはまずニキビができる原因をしっかりと知っておく必要があります。

 

そもそもニキビのできる原因は、思春期だとホルモンのバランスが崩れることによる過剰な皮脂分泌、大人ニキビはターンオーバーの乱れだとされています。

 

ちなみに、肌のテカりも皮脂の過剰分泌が原因とされています。

 

※ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことです。

 

このターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、古い角質が上手く排出されなくなり、皮脂の出口である毛穴をふさいでしまいます。

 

つまり肌環境が悪くなってしまうんです。

 

そのため、皮脂が毛穴にたまってしまいニキビができやすい状態になってしまいます。

 

ターンオーバーが乱れる原因の1つに食生活が関係しています。

 

これは食生活が影響してバランスを崩していきます。

 

わかりやすく例に挙げると近年は便利な冷凍食品やファストフードが増え、野菜不足が深刻化していますよね。

 

野菜不足になるとターンオーバーの乱れだけでなく、便秘などの腸トラブルを招いてしまいます。

 

その便秘が腸内環境を悪化させニキビの原因に・・・、と悪循環に陥ります。

 

逆に言えば、野菜不足を解消することはニキビや肌を改善するためには大きなポイントとなります。

 

テカリやニキビを予防するためには、野菜や果物をメインに摂取をしていくことが大切です。

 

野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルをバランスよく摂ることが大切です。

 

なかでも、ビタミンB2は肌や粘膜の健康に欠かせない栄養素であると同時に、脂質の分解や皮脂の分泌をコントロールするという重大な役割を持っています。

 

そのため、このビタミンB2が不足すると、皮脂のバランスが崩れやすくなるため、ニキビができやすくなったりテカリが起こりやすくなってしまうのです。

 

ビタミンB2はいろいろな種類の野菜に含まれています。

 

とはいっても野菜が苦手な方もいるかと思います。

 

そういった普段野菜をとることがなかなか難しい人でも、フルーツ青汁などのアイテムを利用すれば手軽に野菜不足を補うことができます。

 

美容と健康のためには、毎日の食事の栄養バランスが大切です。

 

テカリやニキビが気になる人は、野菜や果物の積極的な摂取をすることが大切です。

 

ビタミンB2を含んでいる野菜や果物

例 野菜 ほうれんそう、ブロッコリー、アスパラガス、だいこん、にら、ピーマンなど

例 果物 アボカド、バナナ、ブルーベリー、レモン、なつめ、など

不足したときにおこりやすい症状
口内炎や舌炎、ニキビや吹き出物や髪のトラブルなど、目の充血で角膜炎など、動脈硬化、成長の止まりや老化の進行
摂取しすぎるとどうなるのか

ビタミンB2は水溶性のビタミンのため過剰に摂取してもそれは尿として排出されるので心配する必要はありません。

またこれは身体に蓄積することができないビタミンのため毎日の摂取が必要不可欠です。

スポンサーリンク
おすすめの記事