ホホバオイルというものをご存知でしょうか?

 

ホホバオイルというのは、「全身どこにでも使える万能美容オイル」としてよく知られています。

 

さらに特徴的なのが、ホホバオイルがニキビにも効果的と言うのは、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。

 

ニキビにオイルを塗るというのは、ニキビの悪化を招きそうですよね。

 

実際に使い方によっては悪化を招いてしまう場合もあるのでよく知った上で使用するのが大切です。

 

そこで今回は、ニキビ対策に効果的なホホバオイルの使い方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ホホバオイルの効果と適切な使い方

ホホバオイルには殺菌効果と抗炎症作用があり、これがニキビの改善に効果的と言われています。

 

さらに、ホホバオイルには、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの成分も含まれています。

 

これらの栄養素はお肌の新陳代謝を高めてくれるので、肌のターンオーバーにも効果的だとされています。

 

ニキビを防ぐにはターンオーバーの働きは非常に大切な役割になっていてここがおろそかになってしまうと肌の調子は悪くなりニキビの原因になってしまいますのでビタミンやミネラルといった栄養素は必要不可欠なものであります。

 

ホホバオイルにはこれらの栄養素もしっかり含まれているのが魅力的ですね。

 

さらにすばらしいのがホホバオイルはいろいろな使い方ができます。

 

オイルですので、クレンジングとして毛穴の奥の汚れを洗い落とすのにもつかえますし、化粧水とともに使って保湿ケアアイテムとしても優秀です。

 

おすすめしたいのが、ホホバオイルを使ったパックです。

 

ホホバオイルの使い方手順
ホホバオイルを肌にのせてそのまま入浴します。
お風呂の湿度で毛穴が開き、お肌が保湿されるのと同時に毛穴につまった余分な皮脂を浮き上がらせてくれます。

そのまま10~20分程度放置してから、普段の洗顔と同じように洗い流してください。

また、化粧水に混ぜて使ったり、化粧水の後の美容液として使ったりするのもよいです。

ホホバオイルとは?

ホホバオイルは、ホホバという植物からできるオイルです。

 

オイルといっても、実は厳密に言えばワックスで、10度以下では固形の状態になります。

 

ホホバオイルの大部分を占めているのは、「エステルワックス」と呼ばれるもので、これは他人の皮脂と構造がとてもよく似ています。

 

そのため、肌にもなじみやすいと考えられています。

 

ホホバは、もともと砂漠という過酷な環境に生息する植物です。

 

そのため、強力な保水力を持っています。

 

ホホバオイルの持つ強力な保水力は保湿効果が非常に高いといえるんです。

 

保湿というのはニキビケアには非常に大切な役割の1つですのでホホバオイルの持つ保水力は強みと言えます。

 

ニキビが気になる箇所には、部分使いするのもおすすめです。

 

ホホバオイルは顔だけでなく全身にも使えるんです

 

ホホバオイルは、顔だけでなく全身に使えます。

 

ですから、背中などにできたニキビにもたっぷり使うことができるんです。

 

背中と顔ではニキビができる原因菌が違うのでそれぞれ別々のケア用品を使い分けている方などもいますが、こちらは全身に使えるので一石二鳥です。

 

そのほか、ヘアケアとしても利用できるので、1本持っておくと便利です。

 

まとめ

 

最近はいろいろなメーカーから沢山ケア商品が出ていますので、選びやすくなりました。

 

ただし、選ぶ際にはただ商品を選ぶのではなく、オススメしたいのが加熱処理をしていない、コールドプレスのものです。

 

加熱処理をするとビタミンなどの栄養素は壊れてしまいます。

 

ですから、お肌の代謝機能を向上させて古い角質をスムーズに排出するには、非加熱処理のものを選ぶようにしましょう。

 

ホホバオイルが美容に良いことは知っていても、これほどいろいろな美肌効果があることはあまり知られていないです。

 

ニキビが出来やすい人も、ぜひ積極的に使ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事