顔にできるニキビの中でも鼻のあたりは特に目につきやすく、ニキビが出来ると気になってきかがりな方は多いのではないのでしょうか。

 

そんな鼻周りですが、もっともニキビが出来やすい場所で治りにくいという厄介な場所なのです。

 

顔の中で最も皮脂の分泌量が多いとされるのが鼻周りですが、ここは毛穴の奥が深いところなので、汚れが溜まりやすいとされています。

 

スポンサーリンク

鼻ニキビができる原因は!?

 

鼻ニキビができる原因は毛穴が詰まり、そこに汚れが溜まるとアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、その結果ニキビが出来てしまいます。

 

鼻ニキビができる原因の代表的なものを挙げさせていただきましたがこれはニキビ全般に言えることです。

 

その他にも洗顔後の洗い残しや、化粧品、食生活や睡眠不足等も原因として考えられます。

 

「えっ!!こんなところにニキビが・・・」と気になりやすい箇所ではあるものの、指で触ったりすると雑菌が付着して、悪化したり跡が残ったりしてしまいますので安易に触って刺激をするのはやめましょう。

鼻ニキビができた場合の対策ってどうすれば良いの!?

 

まず行って欲しいのが適切なスキンケアとホルモンバランスを整えることです。

 

鼻周りにニキビが出来てしまった場合、洗顔する際は固形石鹸を使うと良いです。

 

なんで洗顔する際に固形石鹸を使う事が良いのか!?

 

それは洗顔フォームには合成界面活性剤が使われているからです。

 

皮脂を落とす際には十分に効果を発揮します。

 

しかしその洗浄力は強力なので、肌の保湿に重要なセラミドも一緒に根こそぎ落としてしまいます。

 

それでも洗顔フォームを使った後に肌がしっとりとしているのには理由があります。

 

これは人工的な保湿成分が含まれている為です

 

「それだったら問題ないんじゃ?」と思うかもしれませんが、これは本来肌が持つ保湿成分を作る機能が働かず、人口的な保湿成分に頼る形になってしまうので、肌機能の低下に繋がります。

 

その結果、敏感肌や乾燥肌になりやすくなり、ニキビを誘発させてしまいます。

 

しかし一方で固形石鹸での洗顔は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム等の天然成分で作られています。

 

アルコールや防腐剤も一切配合されていないため、肌にも優しく、適切な洗浄力で肌に不要な皮脂・汚れのみを落としてくれます。

 

洗顔する際には水ではなくぬるま湯を使用し、しっかりと泡立て、転がすように優しく丁寧に洗っていくとよいです。

 

顔の肌の皮膚は背中などの皮膚に比べてきわめて薄く、なおかつデリケートな場所であるため、力任せにごしごしと洗うとすぐ肌を傷つけてしまうおそれもありますのでしっかりとこのことを理解した上で洗顔をすると良いです。

 

また、髪の生え際や顎あたりなど、洗い残しが残りやすい箇所は特に気を付けて行いましょう。

 

洗顔後は化粧水や乳液、美容液を使って保湿をしっかりと行ってください。

 

その時は、過度な皮脂を抑制し、炎症を抑える働きがあるビタミンC誘導体が含まれているものが良いでしょう。

 

それに加え、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンも鼻周りのニキビ解消に効果がある成分なので、とてもおススメです。

 

睡眠不足や偏った食生活はニキビを発生させてしまう原因になり、また精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れてしまうことも、鼻周りのニキビができる原因の一つです。

 

何をしてよいかわからなくなったら自己の生活習慣を見直すことから始めましょう

 

睡眠時間は最低でも6時間はとるようにし、食事もビタミン類が多く含まれているものを中心に摂取することが大切です。

 

そのほかにも、豆類や肉類、牛乳、レモン、ブロッコリーなどが豊富な食材です。

 

過度な脂質や糖質は体内のビタミンを浪費させてしまうので、甘いものや脂っこいものはなるべく控えるようにしましょう。

 

また、先ほどもお伝えしましたが精神的なストレスは自立神経のバランスを崩し、免疫力が低下してニキビを誘発させてしまいます。

 

出来る限りストレスを溜めこまないゆにするためには、日々の生活の中で趣味や運動を取り入れ気分転換をすることが大切です。

 

鼻周りのニキビは原因を知り、適切なスキンケアと生活リズムを整えることで、いち早く治すことができます。

 

正しい方法で予防もしっかりと行えば、必ず鼻ニキビレスな肌を手に入れることができるでしょう。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめの記事