毛穴の黒ずみや角栓の詰まりをスッキリさせてくれるものとして有名なのが毛穴パックですよね。

 

実際に愛用している人も多いのではありませんか?

 

しかし一方で、「毛穴パックは実は危険なのでは……」というのも聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

 

ネットで調べてみると賛否両論色々な意見がかかれているのを確認することができます。

 

ここで思うのが結論として「毛穴パックは、やったほうがいいのか、よくないのか?」という疑問ですよね。

 

やはり毛穴パックにもお金が発生するので危険なのであればやめておきたいと言うのが皆さんのおもいでしょう。

 

そこで今回はその真相について解説をしていきたいと思います。

 

まずは毛穴パックの持つメリットについて確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

毛穴パックのメリットとは!?

 

いろいろな声があるとは思いますが個人的な意見としては何といってもあのスッキリ感でしょう。

 

肌に直接密着させたパックは毛穴の黒ずみや角栓の詰まりにもしっかり密着してくれるので、汚れをしっかり落とすことができます。

 

さらに毛穴パックを使用を考えている方におすすめのメリットが、その成果を目で確認できるのも、毛穴パックならではのメリットです。

 

これらが毛穴パックのメリットですが、デメリットとして挙げられる危険性はあるのでしょうか?

 

毛穴パックのデメリットや危険性はあるの!?

 

つづいては毛穴パックのデメリットですが、毛穴パックの危険性にはどんなものがあるのでしょうか?

 

粘着シートが肌に刺激を与えてしまい傷付きやすくなってしまう可能性がある。

 

どういうことかというと、直接肌に貼るので肌に強い刺激を与えてしまう危険があると言うことです。

 

絆創膏などの粘着力の強いシートタイプははがす時に痛みを感じることもありますよね?

 

毛穴パックにもそのようなものがあり、肌はダメージを負っています。

 

これをあまり気にせずに使用し続けてしまうと別の害もでてきてしまいます。

 

やりすぎると毛穴がひらきっぱなしになる危険があります。

 

さらに他にも危険性はあり、それは毛穴パックを頻繁に行いすぎることによるものです

 

毛穴パックを日常的に使用し続けることによって、パックによって開いた毛穴が戻りづらくなり、かえって毛穴のブツブツが目立ってしまうこともあるんです。

 

また、毛穴パックの粘着力により、肌が本来持つ水分や油分など、肌のバリアーになる成分も根こそぎ落としてしまうことも危険性の一つになります。

 

このような要因が毛穴パックの危険性として挙げられています。

 

今一度使用する毛穴パックの種類を見直してみることは大切です。

 

毛穴パックは使用したいけれども、肌への負担はできる限り減らしたい……。

 

そんなあなたにオススメしたいのが、毛穴パックの使用方法を見直すことです。

 

おススメしたいのがいきなり粘着力の強いシートを使用するのではなく、肌にやさしいジェルやクリームタイプの毛穴パックを使用してみてはいかがでしょう。

 

粘着力や肌との密着力は弱まりますが、肌へのダメージは軽減することができます。

 

パックをした後はそのままにしてはいけません。

 

パック後は保湿ケアをしっかりしてください。

 

毛穴パックをやりすぎてしまうと水分や油分も必要以上にもっていってしまうので毛穴パック後の保湿ケアは、いつもよりも入念に行ってください。

 

開いた状態の毛穴は外的ダメージを非常に受けやすいです。

 

また応用編として可能ならばホットタオルと冷やしたタオルで温冷ケアを行って、毛穴をしっかりと閉じてあげるのもおすすめです。

 

毛穴パックの使用頻度は1か月~数か月に一度の頻度に留めておきましょう。

 

先ほどもお伝えしましたがやりすぎはかえって肌を悪化させてしまいます。

 

あくまでも、スペシャルケアとしての意識付けで考えてください。

 

毛穴の黒ずみや角栓の詰まりを落としてくれる毛穴パックは美肌作りの強い味方であると同時に、肌を傷つける危険性も持っています。

 

使用を考えている方や今実際に使用している人は正しいアイテムを選び、適切な頻度で使用することが大切なんですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事