ニキビが気になる人にとって、少しでも肌に刺激の少ないものを探したり、ニキビに良くないといわれる油分の少ないスキンケア用品を使ったりと、苦労は絶えません。
そんな中、ニキビのある時に、肌に刺激を与えるクレンジングをすべきかどうか悩んでいるという声を耳にしました。
今回は、ニキビ対策とクレンジングの関係を見直しについて解説しています。
スポンサーリンク

ニキビ対策とクレンジングの関係とは?

多くのニキビ肌さんが心配している「クレンジングはニキビに良くないのではないか」という点。
よくよく話を聞いていると、クレンジング剤の中でも、オイルで洗浄するタイプについて、油分がニキビの原因になったり、ニキビを悪化させたりするのではないかという心配のようです。
確かに過度の油分はニキビにとってNG。
しかし、それだけでクレンジング=ニキビに悪いとは言い切れません。
ここでクレンジングの利点について確認しておきましょう。
それは、メイクや肌の汚れをしっかりと落としてくれる点。
肌に残った汚れや不要なものは当然、ニキビの原因となります。
クレンジングでしっかり汚れを落とすことは、ニキビ対策につながるとの言えるんです。
では、これらを踏まえて、ニキビ対策にもなるクレンジングについて考えていきましょう。
肌への負担が少ないクレンジング剤を選ぶまずは、オイルのクレンジング剤ではなく、肌への刺激が少なく、油分も少ないミルクやクリームタイプのクレンジング剤を使用してみてはいかがでしょうか?
先ほども述べたとおり、クレンジングにはメイクや汚れを落としてくれるという利点がありますので、メリットとデメリットの中間を行くような、ミルクやクリームタイプがオススメなんです。
最近注目を集めている炭酸クレンジングや、ホットクレンジングタイプもおすすめです。
それから、クレンジング剤はしっかり洗い流すこと。
これはニキビ肌にかかわらず、とても大切なこと。せっかく汚れを落とすためにクレンジングしているのに、結果洗浄成分が肌に残ってしまっては意味がありません
特にニキビ肌の人はクレンジング後には念入りに洗顔をしてくださいね。
ニキビで悩んでいる方にとって、クレンジング選びは苦労する点です。
クレンジング剤の肌への負担ばかりが強調されがちですが、正しいクレンジング剤を選ぶことで、ニキビ肌の改善に役立つこともあります。
いろいろなクレンジング剤を試して、自分の肌に一番合ったものを見つけられるといいですね

まとめ

クレンジングがニキビに悪いと言うわけではないです。

クレンジングにも利点がありメイク汚れをしっかり洗い落としてくれます。

ニキビができる原因の1つにはシャンプーや洗顔剤などがしっかりと洗い流せていないために汚れが溜まり、それが肌へ刺激を与えてしまいニキビが発生してしまいます。

クレンジングならそういった洗い残しもなくしっかりと洗い落としてくれます。

ただクレンジング選びは大切でなんでもかんでもクレンジング剤を買えば効果があるかと言えばそうではなく自分の肌に合ったクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

自分にあったクレンジング剤を見つけることができればニキビ肌の改善に役立つことがあります。

いろいろなものを試してこれだ!と言うものを見つけるのも効率は悪いですが、信頼できるものに出会えるかもしれません。

クレンジング選びは大切です...

スポンサーリンク
おすすめの記事