夏になると毎年必ずと言って良いほど話題になるのが「熱中症」ですよね。
それぞれ気温が上昇する事から、熱中症にならないように対策をする必要があります。

皆さんは、熱中症にならないようにどのような対策をしていますでしょうか?

水分補給以外は、対策をしていないという方が多いと思いますので、この記事を参考にして今年からしっかりと熱中症対策を行いましょう! 

スポンサーリンク

熱中症ってそもそも何?


熱中症とは、体温が上がると水分が足りなくなったり、体温の調節が難しくなってしまいます。

そこまで熱中症が進行してしまうと、頭痛やめまいなど様々な症状が出てしまうので、症状が進行しないうちに熱中症対策をする事をおすすめします。

ちなみに簡単に熱中症といっても、レベルが3段階あります。

レベル1その場で応急処置をして対応する事が可能です
レベル2頭痛や吐き気などの症状があるため病院に搬送してもらう必要があります
レベル3意識が朦朧としてしまうなどの症状が出るため病院で集中的に治療を受ける必要があります


元気だから大丈夫と勘違いしてしまうかも知れませんが、夏にはなくてはならないものとなっています。

ちなみに、熱中症が起こりやすい環境は、気温や湿度が高く、風が弱いけれど日差しが強いなどの原因があります。

照り返しが強く、急に暑くなった場合も注意が必要です。
気温が低い日は、熱中症の心配はないと思われがちですが、湿度が高い場合は、熱中症になる危険性があります。

熱中症と熱射病の違い



熱中症は、高い温度の場所の熱で様々な症状が出てしまいます。 

一方、熱射病は、一切空気の入れ替えをしていない部屋で過ごしているとなりやすいです。

熱中症になってしまったらどうしたら良い?


熱中症になった際の応急処置は、意識があるか、意識がないのかで異なります。

・意識がある場合
すぐに涼しい所へ行き、洋服で締め付けられているのを緩めて、身体を冷やし、水分が飲めるようなら、すぐに水分補給する。

・意識がない場合
救急車をすぐに呼び、洋服で締め付けられているのを緩めて医療機関で診察を受ける。

どちらの処置も様子を見てからではなく、直ぐに行う事が大切です。

意識があり水分補給ができる状態であっても、吐き気などがある場合は、水分を摂取するのを控えましょう。  

ちなみに脱水症状の主な特徴は、脈が早くなったり、尿の量が減ったりするそうです。
その他にも、舌が乾いたり、肌がカサカサしてしまうそうです。

熱中症を予防するには?

・食べ物
夏になると部屋の中もムシムシして、暑く食欲がなくなる方が多いと思います。
冷たくて食べやすいからか、そうめんやひやむぎばかりという方も多いそうです。
炭水化物のそうめんやひやむぎでも良いのですが、豚肉や豆腐に含まれているビタミンB1も一緒に摂取した方がより効果的です。

・飲み物
外の気温が高く、たくさん汗をかいた日には、とにかく水分補給をする事が大切と思っている方が多いかもしれませんが実は、水分補給のみでは、逆に熱中症を悪化させてしまう可能性が高いです。
そのため、水分補給と合わせて塩分も一緒に補給しましょう。
熱中症対策になる飲み物の1つとして、経口補水液などがあります。

・熱中症対策グッズ
様々な熱中症対策グッズが発売されていますが、その中でもおすすめなのが、冷感タオルです。

冷感タオルは、通常のタオルよりも濡らすと冷たく感じるようになっておりかか、首に巻いたりして使用すると体温を下げる事ができます。

100円均一などでも購入する事ができるため、使いやすいかと思います。
タオルがぬるくなってきたなと感じたら、タオルを水で濡らせばまた元通りで、繰り返し使う事もできるため、経済的にも優しいです。

塩タブレットは効果ってある?

最近、スーパーやコンビニなどで、良く見かける塩分を補給するための塩タブレットは、たしかに熱中症対策となりそうな成分がたくさん含まれていますが、普段から塩分を多く摂取している食生活をしている場合は、塩分の過剰摂取になりかねません。

血が濃くなり、逆に健康被害を及ぼす可能性が高いですので、塩タブレットの食べすぎには注意しましょう。

ちなみに、塩飴などもタブレット同じく適度に舐めると良いと思います。
梅干しも塩分が強いので、食べ過ぎには注意しましょう。

夏に長袖を着る理由は何故だろう

このタイトルをみて、夏に長袖!?と驚いた方が多いと思いますが実は、ちゃんと理由があります。

長袖だと半袖の時よりも、太陽の光が直接当たっていないため、体温の上昇を防ぐ事ができます。

その長袖が風通しの良いものだとさらに体温を下げる事ができるため、結果的に熱中症対策になっています。

ちなみに最近では、作業着に空調が搭載されているものが発売されています。
暖かく湿った空気は袖口から出ていってしまうため、作業着の内部は、涼しい風だけが循環していて、快適に外で過ごす事が可能です。

暑くて辛い環境じゃないためか作業効率が上昇しやすいと評判で、購入する個人の方や会社さんが増えています。

まとめ


今回は、今年の夏から使える熱中症対策についてお話しました。

熱中症とは、気温が上昇し、汗をかくため、水分量が足りなくなり、自分の体の体温調節が出来なくなる症状です。

熱中症には、3段階のレベルがあり、軽度の症状だと体を冷やし、水分を飲めば、回復しますが、重度となると意識障害が起こります。 

熱中症になりやすい環境とは、気温、湿度が上昇していて、風が弱いけれど日差しが強い、照り返しが強く、急に暑くなった時です 。
万が一、 熱中症になってしまった場合は、意識があるのであれば、涼しい所に行き体温を下げ、水分補給しましょう。

意識がないのであれば、直ぐに救急車を呼び、病院に運ばれるまで、できる範囲で体温を下げるようにしましょう。 

熱中症対策の予防方法は、食べ物だとビタミンB1が良いらしく、そうめんやひやむぎとの相性抜群です。

飲み物は、スポーツドリンクって方も多いと思いますが、スポーツドリンクと合わせて塩分を摂取するとより高い効果を得やすいです。


熱中症で水分補給する際は、病院で行う点滴と似たような成分が入っている経口補水液を飲む事をおすすめします。

たくさんの熱中症対策グッズがありますが、特におすすめなのは、冷感タオルです。
100円均一でも購入することができるため、経済的にも優しいです。

冷感タオルは使用していくうちにぬるくなりますが定期的にタオルを濡らすと繰り返し使用する事ができます。

持ち運びに便利な電池式の扇風機も良いですが、冷感  タオルの方が両手が自由に使えるため、人気があります。

塩タブレットは、塩分が多すぎるため、 普段から、食生活の乱れがない
場合は、タブレットを摂取してみても良いかもしれません。

夏に長袖を着用する理由は、直接肌に太陽の光が当たらないので、自分の体温が上昇するのを防げるからです。

その長袖が薄手だった場合、逆に風通しが良く熱中症にならずに済むかもしれません。
最近では、空調付きの作業着なども発売されるなど、どうしたら夏に外で快適に作業が進められるのかに注目が集まっています。 

熱中症などになっていなくても、日々たくさん水分補給するように心がけましょう。

今回、紹介した以外にも様々な熱中症対策がありますので機会があったら調べてみて下さいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事