まずはじめに「仕事をばっくれることは悪い事ではないです。むしろ今の日本社会のありかたではそのような人が増える一方です。そうさしているのは会社です。」

このような見解について解説しています。

スポンサーリンク

「仕事をばっくれることは悪くないです」今後も増えていくでしょう

なぜ仕事をばっくれることが悪い事ではないのかということを考えたことある人はほぼほぼいないかと思います。

というのは社会の常識で「仕事をばっくれるのは良くない!」という考えが根付いてしまっているからです。

確かに仕事をサボったり遅刻のしすぎは良くはありません。

しかし、時には強制的にそうしなくてはいけなくなってしまった状況に陥られてしまう場合もあります。

この理由の1つに挙げられるのがパワハラや嫌がらせです。

今の日本の社会のありかたは雇用者をだめにしています。

みなさんも一度は耳にしたことがあるかも知れませんが、ここ最近ではパワハラや嫌がらせなど数多くの会社やその他でそのような話題がニュースにも取り上げられています。

パワハラとはパワーハラスメントの略語で、職場内の地位や優位性を利用して後輩などに精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為などを指します。

いまの現状が続くようでは仕事をばっくれることや遅刻をしたりすることに対して会社は何もいえないでしょう。

いや、正確にはクビという宣告だけでしょう。

これはばっくれをする側からすれば痛くも痒くもありません。

それだけこの会社に不安を覚えたのでしょう。

会社はこうならないようにしっかり見直しをしないと今後もそういった人は増え続けるでしょう。

ただそういった人たちを攻める事はできないですし、そうさせてしまったのも会社側です。

会社と言うのはただお金を稼ぎに行くだけではなくそこで協力性や人間性を高めていく場所でもありますのでそういった場所で不安を覚えてしまう人がでるということの重みを会社側はしっかりと感じて次につなげていかなければいけません。

なぜパワハラは起きてしまうのか?

結論から言うと「お金が発生しているから」です。

世の中生活をしていくためには生活費を稼がなければいけないのが一般的です。

生活費を稼ぐために世の中の大人は仕事をします。

働き先では基本は1人ではなく複数人がそこに集まって仕事をしています。

いわゆるその会社に勤めているのは自分1人だけでなく複数人いるということです。

その中には仕事上立場や優位性があり基本は後輩が立場的に下となってしまうのです。

そのため仕事の先輩は後輩をパシリに利用したり後輩のお金で何かを買わせたり、一見ありえないであろう話が現実にあるということをまず知っていただきたいです。

その上でなぜパワハラが起こってしまうのか?

基本仕事をしている人はみな仲間です。

ですが中には仕事ができないといわれてしまう人間がはぶられていってしまう会社が非常に多いです。

先輩や同僚などからも時に「あいつは何もできないのになんであんなにお金をもらっているんだ」、「あいつにお金を払う価値ないだろう」などできないとされる人間に対しては社会は非常に冷たいです。

人間は1人1人違う性格をしており能力においてもみなバラバラです。

ましてやまだその会社につとめだしてままならない新入社員にでさえ言ってわからなければすぐ消しにかかります。

今の日本社会はそんな状況になってしまっています。

もちろんそういう会社でないところも多いですが、そうではない会社はそれ以上に多いのではないかと感じている人は私以外にもいるはずです。

結局は会社に勤めているいじょう「どんなにできなくてもその人にはお金が発生している」ということに腹をたてている人がそのような行動に移ってしまうのです。

そして、そのような行動に移ってしまっている人が増えてしまっているのが非常に残念でなりません。

適切に怒るのはパワハラではないです!しかし文句はNGです

怒るという行為を間違えている方が多いような気がするのは私だけでしょうか?

まだ未熟な新入社員や見習いの社員や従業員に対して先輩は怒る機会があるかと思いますが、怒り方に問題がある人が多いです。

教えている先輩の「なんでこんなのもできねぇんだよ!」と言う気持ちはわからなくはありません。

というのは先輩からすれば「それが考えなくてもできてしまう」からです。

つまりこれくらいはできるだとうという視点で物事を話してしまうのです。

そのためまだ見習いの従業員や新入社員ができないとついカァ-っと怒りだしてしまうのです。

私自身もこのような経験はありそのたんびに「なんでこの人ここまで怒るんだろ?」「それ文句じゃん」て思うときも多々ありました。

これは怒りが先走ってしまい適切な指導ができず暴言になってしまうんですよね。

ただこれだと言葉の暴力になってしまいます。

つまり先輩たちも忘れてしまっているんですよね!

自分も最初の頃は全くできなかったのに今はそれが当たり前のようにできるようになってしまっているのでできていなかった頃を忘れてしまっているんです。

「そんなのもできないなら使えない」とここから一気に冷たくなってしまいます。

非現実てきな話に聞こえるかもしれませんが本当におこってしまっているので怖いです。

今挙げた話だとはっきりいって言葉の暴力です。

これは適切な指導や怒り方ではなく単に自分のいらつきをその人にぶつけてしまっているだけなんです。

これでは、見習い従業員や新入社員やそれ以外だけれどまだ仕事を完全に覚えられていない人は納得しませんし、覚えるどころか「こんな会社嫌だ!」となってしまいます。

「それだったら辞めればいいじゃん」なんて考えをもっていたらその会社はいずれつぶれるでしょう。

それはなぜか?

人が育たないからです。

一人前になる前にその人たちはその会社を辞めていくでしょう。

「私はこの会社には必要とされていないんだな」と思うのも当然ですし、「上の人間性がひどすぎる」と思う人もいるかと思います。

これらは全く間違っていないですし普通に誰もがこのような考えを持ってしまうものです。

怒ることは時に必要なことですが、文句を言うのは適切な怒りではなく、それは完全に自分のいらつきを相手にぶつけているだけですので、それではお互いに何も得する事はありません。

適切な怒りや指導ならこの人についていこうという人は増えるでしょう。

最後に...

仕事をばっくれるのは今の社会全体をみてこれからも起こりえる事柄ですし、今後も増えていく事でしょう。

しかしそれはおこなっている本人が悪いのではなくそうさせてしまっている会社側の責任にあります。

人間いろいろな人がいますがそれだけ色々な花の咲かせ方があります。

十分な指導や教育は雇用する上では非常に大切になってきます。

このままでは人は集まらず離れていくだけですので会社側は今一度教育制度や社内のパワハラ問題などを徹底的に追求してより良い会社にしていく必要があるでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事