よく一日中家にいて罪悪間を感じたり損をしたりしているのではないかと感じている方が多くいますが実際のところはどうなんでしょうか。

このような悩みにお答えします。

スポンサーリンク

一日中家にいるのは損?|外出は疲労回復しないのでやめておこう

私の主張↓

まずはじめに、「一日中家にるのは大切です!むしろ休みの日に外出する方が損です!」

ただ、外出することが悪いというわけではありませんので承知の上で読み進めてもらえればと思います。

休みの日って基本は家でゆっくりしているか外に遊びに出かけるか2パターンが多くの方の過ごし方ですが、せっかくの休日を外で過ごしている方は生き方としては損をしている可能性もあります。

なぜなら、外出してストレス発散をするのも良いことではありますが、気持ちはリフレッシュできても体の疲れはなかなか取れていないんですよね!!むしろ溜まってしまいます。

どういうことなの?

1週間仕事が終わって、次の日に外出してしまうと休む時間がないのです。

1週間分の仕事の疲れはなかなか1日では取り切ることができない方もいるかと思います。

私も週休1日ですので正直なところ1日で疲れは取りきれていません。

週休2日の社会人の人でも完全に疲れを取ることができない人もいます。

その状態で次の日からまた1週間仕事をするとなるとどうでしょうか?

日に日に疲れがどんどん溜まっていきますよね!?

人間の心理状、そうなると目の前のことがめんどくさくなったり普段耐えられたものが耐えられなくなったりとメンタルももろくなってしまいます。

そうなると今度は遅刻が普通になってしまったり休みがちになったりと、そのせいで最悪の場合は会社からクビ宣告がくる可能性もあります

これだと最後には自分が損をしてしまいます。

「前の自分だったら遅刻していなかったのに」や「今まで一度も休んだことなかったのに」という言葉は幻のように最後には消えて無くなります。

こうならないためには休みの日にはしっかりと休息を取ることが大切です!

家ですることが何もない!

人間はアウトドアタイプとインドアタイプに分けられますが皆さんはどうでしょうか?

アウトドアタイプの方がよく言うのが「家ですることなんか何もないよ!外に出たほうがいいっ!」です。

私もアウトドアタイプなのでこのような気持ちはすごく共感できるのですが、本当に家ですることは何もないでしょうか?

家でできることは沢山ある!

家でしっかりと休息を取るためにはいくつかすると良いものがあります。

その睡眠

睡眠は人間の働きをサポートする超重要な役割を果たしておりこれが乱れるとその日はもうグダグダです。

頭がぼーっとして仕事に集中できずしまいには寝てしまって怒られるなんてシチュエーションがあったりしませんか?

これは完全に睡眠不足です。

週が始まり仕事が続くとどうしても休日に比べて睡眠時間が減ってしまう人がほとんどだと思います。

そのため、休日はいつも以上に睡眠をとることを心がけてください。

そのテレビで撮り溜めた録画や好きなテレビを観る

ほとんどの家庭や暮らしには必要不可欠といってもいいのがTVす。

好きなテレビを観て笑ったり、感動したり、ドキドキしたりすることなども1つの楽しみです。

またテレビはニュースなどで情報も得られるので社会のコミュニケーションの輪にも入ることができますので知っておくと良いかもしれません。

その無の状態を作る

家の中でできる休息で1番おすすめしたいのが「無の状態を作る」ことです。

どういうことかと言いますと、何も考えない時間を作るということです!

具体的には、仕事のことやプライベートのこと、家族がいれば家族のことや恋人のことなど、こういった普段から気にしている全てのことを頭の中から完全に排除し何も考えないようにすることで、落ち着きを取り戻し、見えなかった解決策や考えなどが見えてくる場合があります。

また何も考えない「無の状態を作る」ことで体にも心にも負荷をかけないこともできるのでこれを機に休日に取り入れることは大切です。

一見無の状態を作ることは外でもできるのではないかと思う方もいるかと思いますが、外部の刺激は強すぎるので結局は無の状態になりきれないので家の中ですることがベストであります。

他人に流されるのは良くない!

やはり休日となると良くあるのが友達や恋人からの誘いです。

「ご飯を食べに行こう」や「明日空いてる?」などの誘いをなかなか断れない人が多いです。

特に日本人は自分の意見をバシッと誰にでも言える人が少ないので、しぶしぶ誘いに乗ってしまう人も多くいます。

本当は行きたくないのに断ると自分の評価が落ちてしまうことに怖さや不安を感じて自分の嫌な気持ちを押し殺し笑顔を作ることは相当なストレスがのしかかります。

そのままの状態ではいつまでたっても変わらずストレスばかりが溜まっていく一方ですので、断る勇気も持つ必要があります。

本当に嫌で断っているのに「あの人はノリ悪いからもう誘うのやめよう」とかいう人ははっきりいって友達でもなんでもありません。

わかりやすく例えると、その人にとってのパシリ役的な感じです。楽をするためにパシリをさせようとしたがそれに乗らなかったからこいつはもうどうでもいい!」とそれぐらいの考えでの付き合いなんです。

そんな人は友達でもなんでもないですよね?

そんなひとは放っておいて自分の意見をはっきりいったときにその意見を尊重してくれる人を見つけましょう。

家は心の落ち着き場

やっぱりなんだかんだ言って人が1番落ち着く場所は家なんです。

たまに「休日ずっと家にいて罪悪感を感じる」と言った声を聞きますが、罪悪感ではないです。

家にいることでしっかりと休息が取れていますしそこが1番落ち着く場所だし、罪悪感を感じる意味があるでしょうか?

次の日からはまた仕事が始まるのにそれに備えた体力を回復させておかなければ、次の日の仕事がめちゃくちゃしんどく感覚的には月曜日がもう金曜日の疲れ的な感覚に陥ってしまう人もいるかと思います。

そうならないようにしていることは非常に大切なことですし、今後もどんどん取り入れていくことが大切です。

外出をするのは良いですが、それ以上に休息を取ることが生きる上(生活する上)では重要になってきます。

休日を家で過ごしたことに罪悪感を感じず、むしろ他の誰よりも体力回復させ明日からの仕事に本気で取り組めるというプラス思考で物事を考えていけば、休日は外出するよりも一日中家でゆっくり過ごしたほうが損をしない生き方だといえるのかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめの記事